社団法人 日本医業経営コンサルタント協会 沖縄県支部

協会について 沖縄県支部

ご挨拶

こんにちは、(社団法人)日本医業経営コンサルタント協会沖縄県支部です。
公益社団法人 日本医業経営コンサルタント協会は、平成2年11月1日に厚生大臣より「社団法人」として設立許可を受け発足し、平成23年12月には、内閣府 公益認定等委員会から「公益社団法人」の認可を受け、平成24年4月より「公益社団法人 日本医業経営コンサルタント協会」へと移行致しました。
当協会は、(社)日本医師会・(社)日本歯科医師会ならびに(社)日本病院会、(社)全日本病院協会、(社)日本精神病院協会、 (社)日本医療法人協会、(社)日本医療福祉建築協会、(社)病院管理研究協会、日本病院管理学会等のご賛同を得て発足したものでありますが、その淵源は医療機関に対する良質・高度の医業経営コンサルタントの必要を説いた厚生省「医業経営の近代化・安定化に関する懇談会報告」(昭和62年9月)及び厚生省「医療関連ビジネス検討委員会報告」(昭和63年12月)にあります。
当協会本部と沖縄県支部では、医業経営に関する調査研究等を推進し、「医業経営コンサルタント」の養成とその資質の向上を図ることにより、医業経営の近代化・安定化に資するとともに、医療界に貢献しようとするものであります。
われわれ「医業経営コンサルタント」は、地域医療の発展に寄与し、医療・介護・福祉各界の関係者が直面する経営環境の変化に的確・迅速に対応していくためのお役にたてるよう、会員あげて切磋琢磨していく所存でございますので、関係各位のご理解とご支援をお願いする次第でございます。

沖縄県支部長 石川 久